【FF14】パッチ6.1 ギャザラー装備(IL590)フル禁断例【伝説獲得数+3、獲得数ボーナス発生率+40%】

この記事は約8分で読めます。

FF14 パッチ6.1で実装されたギャザラー新式「パクトメーカー装備」のフル禁断例を紹介します。

この装備・禁断で下記のステータスを満たすことで、料理等によるステータスアップなしでパッチ6.1で追加された「伝説の採集」にて各種バフや特質によるボーナス(獲得数ボーナス発生率+40%、獲得数+3)を受けることのできるステータスを満たしつつ、最適なスキル回しで採集を行うことができます。

  • 獲得力:3591
  • 技術力:3409
  • GP:914

この記事では上記の目標ステータスをベースに、とにかく最大ステータスまで盛るガチ禁断と、最低限目標ステを満たすための妥協禁断の2つの禁断例を紹介します!

目標ステータス詳細

ここでは目標ステータスの内訳を解説していますが、とにかく禁断できればよいという方はこのセクションを読み飛ばしていただいても問題ないです!
目標ステータスはこちら。
  • 獲得力:3591
  • 技術力:3409
  • GP:914

この内訳について説明していきます。

発生する「特質」と必要ステータス

まずは伝説の採集で発生する「特質」の恩恵を満たすために、下記のステータスが必要になります。

発生する特質の効果

  • 技術力3401以上→獲得数ボーナス発生率+40%
  • 獲得力3295以上→獲得数+1〜3個

獲得力3591で獲得数+3となることを確認

技術力「3401」の理由

技術力3401で6.1伝説素材(サベネアンコーン・エブラーナダンビュライト原石)の採集を行った場合の獲得数ボーナス発生率は71%。これに「富鉱なる賜物I / 肥沃なる賜物I(消費GP50)」を使うと獲得数ボーナス発生率81% 、「富鉱なる賜物II / 肥沃なる賜物II(消費GP100)」を使うと100%になります。

より技術力を上げることでこの確率を上げることは可能ですが、ひとまず技術力の目標ステータスは3401としています。

獲得力「3591」の理由

獲得力に応じて獲得数を増やせる(+1〜3)アクション「バウンティフルイールドII / バウンティフルハーベストII」ですが、かなり獲得力を盛った状態(正確な数値を記録していませんでしたが、料理なしの上限近い値で確認しました)でも変わらず「+2」であったため、獲得力の目標ステータスは特質の効果を最大の獲得数+3にできる「3591」としています。

GP「914」の理由

スキル回しに関しては消費GP950ベースの

賜物I・ブレスドII → 採集×5 → 石工(老農)・理知 → 採集×1 → バウンティII → 採集×1 (理知が光った場合2)

を想定しています。これがおそらく最も採集数の期待値が多くなるはずです。(特質発生込みで1回の採集の期待値が「53.075個」)

スキル回し全体の消費GPは950ですが、バウンティIIを使うのは6回採集を行ったあととなり、採集1回につきGP6回復することを踏まえると6ターンでGP36回復するため、採集開始時のGPは「914」あればスキル回しを完走できます。

スキル回しについては近日中に別記事にてより詳細にまとめる予定ですので、ここでは細かい説明は省きます。

目標ステータスに「料理」を含まない理由

目標ステータスのベースとして「料理によるステータスアップなし」としています。

これは実際に伝説の採集を回る場合は、その待ち時間を使ってクラフターに着替えて製作をすることも多いかと思うので、クラ用の料理を食べた状態のままでも問題なく伝説を回れることを想定しているためです。

 

フル禁断例

  • 獲得力:3725
  • 技術力:3614
  • GP:914

目標ステータスを満たしつつ、さらに可能な限りフル禁断を行ってステータスを盛る場合の禁断例です。GPを余分に盛っても意味が薄いためGPは914としつつ、獲得力・技術力はある程度バランス良く可能な限り高い数値になるようマテリア禁断しています。

禁断上限・マテリア装着例

各部位のステータス禁断上限と、マテリア装着例の一覧です。

赤文字は禁断のマテリア装着
部位禁断上限マテリア
獲得技術GP装着例ステータス
主道具1981139博アル、器エクス、達オメガ、達オメガ、達オメガ獲得+42、技術+25、GP+9
副道具1131989博アル、器エクス、達オメガ、達オメガ、達オメガ獲得+42、技術+25、GP+9
751139達アル、博アル、器エクス、達オメガ、達オメガ獲得+53、技術+25、GP+9
113571達アル、達アル、博アル、達オメガ、達オメガ獲得+78、技術+25
85381達アル、達アル、博アル、達オメガ、達オメガ獲得+78、技術+25
57281達アル、達アル、博アル、達ジャ、器ア獲得+57、技術+25、GP+1
66218博アル、博アル、器アル、器オメガ、博メガ技術+62、GP+18
343416達アル、博エクス、博オメガ、器オメガ、器オメガ獲得+25、技術+34、GP+16
343416達アル、博エクス、博オメガ、器オメガ、器オメガ獲得+25、技術+34、GP+16
343416達アル、博エクス、博オメガ、器オメガ、器オメガ獲得+25、技術+34、GP+16
指(x2)34348達アル、博エクス、博オメガ、器オメガ、達ジャ獲得+34、技術+34、GP+8

6.2を見据えて可能な限りフル禁断したマテリア装着例です。

とはいえ現時点では相当なステータス過多となるので、特に道具類は無理して禁断を行う必要はありません。防具・アクセのみフル禁断して、主道具・副道具は確定穴に「器質のエクスマテリジャ」をはめるだけでも、十分に必要ステータスを満たせるのでその形がおすすめです。

少しでもマテリアやギルを節約するためには、アルテマテリジャ禁断部分に関しては、手持ちのマテリア数に合わせて「達アル、達アル、博アル」を「達アル、博アル、達アル」の順に変えるなど工夫してみてください。

 

妥協禁断例

  • 獲得力:3591
  • 技術力:3412(必要ステは3409)
  • GP:914

目標ステータスをギリギリ満たすことが可能な禁断例です。

パッチ6.0時点でIL560装備をフル禁断していた方も多いかと思いますので、装備更新のないアクセの禁断内容は6.0時点と同じものとし、道具・防具類でステータスを調整しています。

禁断上限・マテリア装着例

各部位のステータス禁断上限と、マテリア装着例の一覧です。

赤文字は禁断のマテリア装着、太字下線は妥協部分です
部位禁断上限マテリア
獲得技術GP装着例ステータス
主道具1981139器エクスGP+9
副道具1131989器エクスGP+9
751139達アル、器エクス、達メガ獲得+37、GP+9
113571達アル、達アル、達メガ獲得+62
85381達アル、達アル、達ジャ獲得+60
57281達アル、達アル、達ジャ、器ア獲得+57、GP+1
66218器エクス、器エクス、博ジャ技術+10、GP+18
343416達アル、博エクス、博オメガ、器オメガ、器オメガ獲得+25、技術+34、GP+16
343416達アル、博エクス、博オメガ、器オメガ、器オメガ獲得+25、技術+34、GP+16
343416達アル、博エクス、博オメガ、器オメガ、器オメガ獲得+25、技術+34、GP+16
指(x2)34348達アル、博エクス、博オメガ、器オメガ、達ジャ獲得+34、技術+34、GP+8

先に説明したようにアクセ類は6.0でフル禁断していることを想定した状態から、道具・防具類を必要ステを満たせる範疇で可能な限り妥協した装着例です。

とはいえ妥協していない部位は先出のガチ禁断例と同じになるようになっているので、まずはこの形で禁断した上で手持ちマテリアに余裕が出たら徐々にフル禁断に近づけていく形でも良いかと思います。

また、伝説の採集によるマテリア錬精を考慮する場合、5禁している状態のほうが錬精値が溜まりやすくなります。防具類の空いている穴に適当な手持ちの余剰マテリアをはめておけば、マテリア錬精がやりやすくなります。

 

まとめ

特に採集時の「特質」に関してはステータスごとの変化などゲーム内で明記されているわけではないので、試行回数が限られる伝説の採集では確信を持って正確なデータをだすことが難しいですね…😓

自分なりに繰り返し確認、計算、検証を行った上で情報をまとめていますが、もし間違えている部分やより良くできる部分がありましたら、コメントで教えて下さい。また特質関連などの公式な情報がどこかにあることをご存じの方がいらっしゃいましたら、同様に教えていただけると幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます✨✨✨

 

 

 

コメント

  1. コメント失礼します。
    達ジャとはなんの略でしょうか?